行政が手伝ってくれることもあるらしい

「終活」という言葉をご存知ですか?
エンディングノートを書いたり遺言書を準備したりといった、人が人生の終わりに向けて行う活動のことを指す言葉です。そんな終活を、今は行政が手伝ってくれることもあるのです。
大阪府堺市では、2013年8月からエンディングノートの配布を開始しました。自身のプロフィールや歴史といった自分史的な内容から、家計図、大切な人へのメッセージ、財産分与や遺言といったことまで網羅する内容になっています。
他にもエンディングノートを作成・配布している自治体はあり、介護が必要になった場合の希望や意思、終末医療に対する考え方、希望する葬儀のあり方などを記載できるものもあります。
終活をサポートしてくれる民間企業や行政書士事務所も数多くありますが、まずは無料で利用できる自治体サービスがないか、探してみるのも良いのではないでしょうか。