独り身だと考えてしまう

人は誰でも、必ず死を迎えます。
人が亡くなれば、葬儀や遺産相続などの手続きを行わなければならなくなりますが、その際に家族がいればあまり心配することはないですし、残された家族に負担をかけないためにも、葬儀費用や遺言書などを残しておけば万全でしょう。

ですが、人は最期を迎える時、必ずしも家族がいるとは限りません。
子供がいない夫婦であれば、どちらか一方に先立たれてしまったり、親戚などもいない、または家族や親戚がいたとしても事情があって頼ることができないといった独り身の場合には、最期を迎えた後のことを考えると、色々と不安になるものです。その時のためにも、元気なうちに終活を行っておけば安心です。

特に独り身の場合に活用したいのが「死後事務委任契約」です。これは第三者が委任者にかわって医療費の支払い、葬儀の執り行い、賃貸物件や老人ホームの支払いなどの手続き、公的機関への各種届け出などを行ってくれるものです。
独り身の終活の始めとして、この死後事務委任契約について調べてみると良いでしょう。

◆私のおすすめサイト

インドのITビジネス最新情報ポータル