流行にのるのは好きじゃないけど

少子高齢化や核家族化が進む昨今では、孤独死も増えています。そのような中で、自分の葬儀や、死後のことについて考えておくことは無駄ではありません。流行に乗るのが好きではない人でも、死後に誰かを困らせたりしないために、終活をする人も増えています。

そして終活とは、死んでからのことも含まれますが、死ぬまでの間の余生を見つめ直すきっかけにもなるという観点からも評判です。特に思い出を振り返ったりすることで、やり残したことをすることもできますし、周囲の人への感謝の気持ちを生きているうちに伝えることもできるということも注目されています。

自分の人生を見つめ直すことは大切なことです。終活をしようと思った時には、エンディングノートなどをそろえたり、セミナーで知識をみにつけることも手段のひとつであります。またそのように外に出ることによって、人と知り合い、生きることの楽しさを感じることが増えるという人が多いというのも現実です。

◆私のおすすめサイト

日本の城を学ぶ